バンクーバー空港のフェアモントホテルが優秀だと思った5つのワケ


乗り継ぎが夜をまたぐ時、あるいは翌朝の出発が早かったり到着が夜遅い時、空港ホテルって便利ですよね。ココで言う空港ホテルは、空港からほぼ直結しているようなホテルのことです。大きな空港であれば、だいたい同じ建物の中にホテルがあり、夜を過ごすことができます。

バンクーバーにももちろんあります、空港ホテル!バンクーバーの空港ホテルはフェアモント(Fairmont)!ラグジュアリーで格式高いホテルで有名な世界的チェーンです。普段バンクーバーに住んでいる自分は、なかなかエアポートホテルに行く機会もないため、これまでノーマークだでした。

ところが先日、母がバンクーバーを訪れた時に、翌朝早いフライトだということで最後の一泊を空港のフェアモントで過ごすというので、どんなものかと見学しに行ったところ、想像を超えて素晴らしかったので、この感動を伝えるべくブログを書くことにしました!

このポストでは、バンクーバーの空港で乗り継ぎするときや、早朝発や深夜着をするときに、空港ホテルのフェアモントがよいと思うのか、現地在住者ならではの感覚も踏まえて5つ理由を挙げます!

その1 どうせなら、カナダに本社のある高級ホテルに泊まろう!

fairmont01

前述の通り、フェアモントホテルは高級ホテルとして非常に有名なホテルです。

例えばアメリカの雑誌『Forbs』が企画した『世界で最もラグジュアリな10のホテルブランド(10 Of The Best Luxury Hotel Brands In The World)』という記事では、次のように紹介されています。

意訳:フェアモントは、世界20カ国にホテルを持つ、国際的に大きなホテルブランド。歴史的な建物をホテルにしていることで有名(これには、その昔「カナディアン・パシフィック・ホテル」という会社だった時から所有していたものも含む)
原文:A big international brand with hotels in around 20 countries, Fairmont is best known for grand historic properties, including the entire portfolio of what was once the Canadian Pacific hotel company.

引用:Fairmont – pg. 6

fairmont02

僕自身、例えばモントリオールやケベックシティに行った際に見たフェアモントは、歴史的な外観がそれはそれは素晴らしく、感動しました。ロビーに入ってみると、これまたもの凄く豪華かつ古くからそこにあったであろう骨董品の数々・・・に、普通に接することが出来る!超貴重な体験かつ緊張する体験だったのを鮮明に覚えています。

そんなフェアモントですが、先程の引用文をよく見ていただくと分かる通り、実はカナダの「カナディアン・パシフィック・ホテルズ」にルーツのあるホテルなんです。このホテルは、今から140年弱昔の1880年代後半以降に、カナダの大陸横断鉄道が旅客のために運営していたものです。

そして今でも、「フェアモントホテルズアンドリゾート(Fairmont hotels & resorts)」の本社は、カナダのトロントにあります。あの世界的なホテルが、実はカナダの会社だったんですね!ご存知でした?僕は知りませんでした!

なので、どうせバンクーバーに来たんだし、せっかくの機会なのでカナダの歴史ある高級ホテルに泊まるのも一興じゃないかというのが、ひとつめのいいね!ポイントなのです!

⇒このホテルの予約と空室確認はこちらからどうぞ

その2 実は2016年北米1位!空港ホテルとして世界的に優秀なホテル

fairmont03

「歴史的」とか「歴史がある」と言ったものの、とはいえここは空港のホテルですから、このエアポートホテル時代は古いものではありません。開業は1999年なので、それから15年〜20年といったところです。

じゃあ、このホテルの凄いところはどこかというと、世界の空港を表彰しているSKY TRAXによる『2016年の世界のベストエアポートホテル』にて、北米ナンバーワンを獲得しているところ。世界で見ても、第9位です。

僕なんかは通常「エアポートホテル」って聞くと、「まあ便利だけどビジネスホテル的な感じ何でしょ」なんて思っちゃうんですが、「北米で1番凄いエアポートホテル」って聞くと、急に泊まってみたくなります!

これが、フェアモントの空港ホテルが良いと思う理由その2です!

⇒このホテルの予約と空室確認はこちらからどうぞ

その3 色々考えると、そんなに高くない

fairmont04

エアポートホテルって、エアポートホテルのくせに高いというのが、僕の印象です。「くせに」というのはつまり、部屋とかはそんなに良くないのにもかかわらず「利便性だけで割高」ということです。

でも、実際に母が宿泊するということで色々リサーチしてみたら、トータルで考えるとそんなに割高でもないなと思えてきました。

例えばExpediaで同じ条件で調べてみると、ダウンタウンの同レベル(☆4)のホテルの平均価格との差は6000円

上記調査は、2016年12月16日に実施

fairmont07

6000円って結構高く感じますが、実は空港からダウンタウンへのタクシーは、今は一律で$35。ダウンタウンから空港へは一律料金ではないはずなので不明ですが、単純に2倍したら$70です。価格差分の6000円を超えてしまいます。

とはいえ勿論、もっと安いホテルもありますが、当たり前ですが安ければ安いほど駅から遠かったりするのです。

色々リサーチしてみた上で、たしかに他のホテルに泊まる方が安いけれど、その価格差はタクシー代で埋まってしまうし、安く済ませようとして電車に乗ったり知らない道を歩いたりすることを考えると、旅行者でバンクーバーのことをよく知らない人にとっては、エアポートホテルの値段は決して高くないのかなと思ったのです。

それで、最終的には自分の母にも空港ホテルのフェアモントを勧めました。

⇒このホテルの予約と空室確認はこちらからどうぞ

その4 当然、利便性は計り知れない。眠さをこらえて重い荷物を転がすくらいならいっそ泊まった方が楽・・・

fairmont05

「色々考慮するとお得」の色々に当然入ってくるのですが、やっぱりエアポートホテルなんでめっちゃ便利です。まあでもそれはどこのエアポートホテルも一緒なんですけど。

バンクーバーのフェアモントの場合、ホテルを出るとまず目の前にアメリカ行きのチェックインカウンターがあります。そして3分歩けば国際線、5分あるけばカナダ国内線という感じです。

もちろん、同じ建物の中だから、雨が降っても問題なし!夏には晴れる日が多いバンクーバーですが、冬は本当に雨が多いので、建物内で直結しているということがどれだけ楽か計り知れません。

fairmont06

そして例えばダウンタウンのホテルに泊まると、空港までは車だと20分〜30分。渋滞も考慮して早めに出発するはずなので、到着しておかなければいけない時間のさらに1時間前くらいにはホテルを出て、空港に到着してから飛行機を待つことになります。空港の椅子で、スタバのコーヒーを飲みながら過ごす時間は、旅の一部として悪くはないですが(正直僕は好きですが笑)、でも空港ホテルならギリギリまで安心してホテルの部屋で過ごして、トイレとかも落ち着いて済ませてから部屋を出ることができます。

ということは、エアポートホテルの場合はダウンタウンに宿泊することに比べて、実質1時間くらい時間に余裕を持てるはずなんです。これは立派に価値がある時間ですよ、朝の1時間。

⇒このホテルの予約と空室確認はこちらからどうぞ

その5 なにより、部屋の内装に感動!広い!綺麗!飛行機も見える!

そしてそして、なんと言っても内装に感動したんです。色々動画と写真におさめてきたので、それを見てほしくて!

fairmont08

まず入り口の方から撮影したやつ。右手前のバスルームが広いんです。そして奥がベッド。その横にデスクがあります。

fairmont09

バスタブの横の小窓を開けるとベッド。もしパートナーとの旅行だったら、お風呂に入りながら、ベッドに居るパートナーと明日の予定とか話せそうです。

fairmont10

トイレの扉がクローゼットの扉みたいでしたが、これは僕的にはまあまあファンシーだと感じました。

fairmont11

お風呂とは別にシャワーがあります。これは北米のホテルでは珍しいタイプ。

北米のホテルにはいくつも泊まりましたが、ほぼ全てユニットバスタイプだったので、驚きました。浴槽で身体を洗わなくていいので、凄くリラックスできそうです。ココがこの部屋の最大のお気に入りポイントかも。

fairmont12

ベッドルーム。ツインでも値段が変わらなかったそうです。北米のホテルって、人数によってお金が変わらないので、ツインに2人で泊まれればお得に済ますね。

fairmont13

デスクもしっかりしてます。旅行中ってかさばるけど失くしたくない小物をたくさん携帯するので、大きな机って小物置くのに結構便利なんですよね。使い方違うけど(笑)

fairmont14

アメニティのセンスもよいですよね。

fairmont15

このブランド『LELABO ルラボ』の日本公式サイトによると、

「LELABO ルラボ」は、経験を積んだ最高峰の有名調香師らを起用し、N.Y(ニューヨーク)で誕生したフレグランスブランドです。目の前で最終調合を行い、常に「出来立ての香り」を楽しめます。

引用:ROSE 31 – Shop | LE LABO Japan (ルラボ ジャパン)公式サイト

だそうです。

まとめ

最後まで読んでくださってありがとうございます。特にバンクーバーの空港近辺で一夜を過ごしたいなと考えていらっしゃった方、参考になりましたでしょうか?

日本でもアメリカでも北欧でも、数カ所の空港ホテルに泊まったことがありますが、(僕が泊まったところはそもそもがランク落ちするところではあったものの)こんなに「いいな」と思ったエアポートホテルははじめてでした!!

以上、バンクーバーから@LeoTohyamaが、バンクーバー国際空港の空港ホテル、フェアモントホテルについてお届けしました!

⇒このホテルの予約と空室確認はこちらからどうぞ

参考:
Canadian Pacific Hotels – Wikipedia
The World’s Best Airport Hotels
【ニュース】バンクーバー国際空港(YVR)からのタクシー料金が、定額制に! | LifeVancouver カナダ・バンクーバー現地情報